FXで稼ぐには ポジションの総数を意識する!

ポジションの総数(人間の欲)

えええええっーーー

それなんだって
FXで稼ぐのに必要なことなんか
そんなことよりもテクニックや手法を教えろや
こんなこと言われてるかもね

ダウ理論は ポジションの総数(人間の欲)を統計化したものと考えられる

ポジションってどういうことか知ってる?

FXでは『ポジションを持つ』 『ポジションを建てる』と言うよね

買いポジション ロングポジション
外貨を買って保有していること
買って売り注文を出して決済するまで買いポジションは保有していることになる

売りポジション ショートポジション
外貨を売って保有していること
売って買い注文を出して決済するまで売りポジションは保有していることになる

買いポジションは売り決済されるまでポジションは保有されるということだから
みんなが買いだ 買いだぜって買いの資金を入れてポジションを持てば
上昇してトレンドが発生して上昇トレンドが出来る

売りポジションは買い決済されるまでポジションは保有されるということだから
みんなが売りだ 売りだって言って売りに資金を入れてポジションを持てば
下降してトレンドが発生して下降トレンドが出来る

ここはまだ買いだ 冗談じゃないもう売りに決まってるだろうって言って
買い 売りが均衡してもみ合い注文が集中して値動きは一定のところにとどまる
買い 売りのポジションが集中していることになる
もみ合っているところから買いポジション多くなれば上に行く 売りポジションが多くなれば下に行く
ポジションが集中しているところから出れば勢いがついて動いていく
そこには 買い 売りの注文が集中して 
上には売りの損切りと買いの新規注文がある
下には買いの損切りと売りの新規注文がある
ポジション 注文が集中しているところになる

チャートを見れば買いポジションが多いのか 売りポジションが多いのかがわかる

henkou30_20230113105409b92.jpg

ポジションの総数が多い方が勝つからトレンドが出る
買いポジションが多ければ上昇トレンドが出来る
売りポジションが多ければ下降トレンドが出来る

チャートを見ると上昇トレンドは圧倒的に陽線が多く出て上昇している
下降トレンドの時は圧倒的に陰線が多く出て下降している

長く勢いのあるロウソク足は損切り決済や新規注文(新規ポジション)が
集中していたから値動きが伸びている

値動き ローソク足を意識していると
ポジションの総数 買いが多いのか 売りが多いのかが見えてくる
ポジションの総数が多い方 トレンドが出ている方に乗って入って行けばいいことになる

トレンド転換になる押し安値 戻り高値を意識することで
損切りと新規注文が集中しているところがわかる
そこがわかれば今のポジションが 反対のポジションに変わることがわかる
買いのポジションが売りのポジションに
売りのポジションが買いのポジションに変わっていく

ポジションの総数を意識することで
買っている人が多いのか
売っている人が多いのかがわかる

買っている人が多ければ買っている人に乗って行けばいい
売っている人が多ければ売っている人に乗って行けばいい
要するにトレンドに乗って買う 売るということになる

ポジションの総数を意識することで『みんな』が買いたいと考えているのか
売りたいと考えているのかがわかる

自分が買いたい 売りたいのではない
自分のしたいことをしても相場は思い通りにはならない
『みんな』が買いたいと考えていれば買う
『みんな』が売りたいと考えていれば売る

押し安値 戻り高値 ポジションの総数を意識することで
『みんな』が買いたいのか 売りたいのかがわかってくる

自分よがりで買ったり 売ったりしていれば資金が減っていくだけだ
資金を増やしたいなら押し安値 戻り高値 ポジションの総数を意識する

方向が決まったら
上位足を確認して勢いがあるところなのか
資金が入ってくるところなのかを確かめる
もう上がらない 下がらないという根拠があるところで入っていく

ポジションの総数を意識してチャンスが来るのを待とう
トレードをすることが目的ではない
資金を増やすことが目的
資金を増やし続けることが目的

資金を増やし続けるトレードをしよう!

トレードは楽しいもの!
チャートをワクワクして見よう!
可愛い女の子を見るようにワクワクして見よう!

楽しんでトレードをしよう!



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 投資日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



リタイヤ生活キャメルオヤジ - にほんブログ村 にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村